Aichi Science and Technology Foundation

​事業内容

事業内容

シーズ活用技術開発助成

​事業内容

研究交流クラブ

研究会

先進技術活用セミナー

MOT研修

産学共同研究助成

シーズ活用技術開発助成

企業連携技術開発助成

サポイン研究開発支援

研究開発・事業化支援

IoT・AI活用支援

地域企業イノベーション支援

​あいちシンクロトロン光センター

​重点研究プロジェクト

​地域イノベーションエコシステム(文科省事業)

シーズ活用技術開発助成

企業の製品開発、技術開発の核となる先進技術として、大学等で醸成された独創的な研究成果を活用することが効果的です。そこで、大学等の研究成果(研究シーズ)を活用した企業の実用化研究開発に対して「育成試験」という名前の資金助成制度を設けています。「育成試験」の名前の由来は、技術シーズを現実社会で役に立つよう育成するという趣旨です。 

制度の概要
育成試験

事業内容

大学や公設研究機関などの研究シーズと企業の技術ニーズの橋渡しによる技術移転を促進するため、大学等の研究シーズを用いた企業による製品の試作等

公募時期

4月から5月

発表時期

6月下旬

募集件数

2件程度

委託経費

190万円以下

事業期間

7月から翌年3月

提案者

中堅・中小企業

課題募集・採択等について

※本年度(2020年度)の課題募集は終了しました。

​募集期間

平成31年4月18日(木)~ 5月22日(水)

研究委託費

1件当り190万円程度

採択予定件数

2件程度

募集内容詳細

募集要項(ダウンロード

応募書類様式(ダウンロード

応募書類記述例(ダウンロード

実施中のテーマ
​令和2年採択テーマ

バインダージェット3D積層造形体の脱脂・焼成プロセスの可視化


委託先:株式会社ナノシーズ




医療感染症対策用飛沫防止フードの試作


委託先:株式会社 伸交





過去の実施事例
令和元年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
お問い合わせ

​公益財団法人科学技術交流財団 業務部 〔担当〕田尻


〒470-0356 豊田市八草町秋合1267番1

「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内


電話:0561-76-8325
メール:tajiri[at]astf.or.jp
※スパム対策のため、@を[at]に変更してあります。